初めての抗うつ剤の思い出!今でも常用するパキシル

ジェイゾロフトの作用と副作用

ジェイゾロフトは抗うつ剤の中で、抗ヒスタミン作用が弱くなっていて、眠気をあまり感じなくて済むものになります。今回はそんなジェイゾロフトの効果や成分などをご紹介していきます。
この薬は、脳にあるモノアミンと呼ばれる物質を増やさせることで抗うつ効果を発揮するというものです。このモノアミンとは、ノルアドレナリン、セロトニン、ドパミンの総称です。セロトニンは心が落ち込んだ時などに生まれる不安、ノルアドレナリンは何かに取り組む意欲、ドパミンは楽しいと感じる感情を治してくれると言われています。モノアミンが増えることで気分が良いものになっていくということです。ですがこの薬に限らず薬は、血の巡りに乗っていくため作用しないで欲しい部分にも作用をしてしまうのです。これがいわゆる副作用です。現在この薬で見られている副作用は、下痢、気持ち悪くなる、目眩、眠気などとなります。
副作用の一種である眠気を覚えてしまうものの理由は抗うつ剤がヒスタミン受容体という受容体をシャットアウトすることから起きます。アレルギーや花粉症のときに使われる薬として抗ヒスタミン薬と呼ばれるものが存在しています。抗ヒスタミン薬も、この薬と同じでヒスタミン受容体が遮断が遮断されるため眠気を覚えてしまうのです。それだけでなくこの薬の場合は、抗ヒスタミン作用だけでなく、α1受容体遮断作用、5HT2遮断作用もあるため余計に眠気を感じてしまうのです。このαとはアドレナリンのことで、これがシャットアウトされると血圧は低下し、ふらついてしまったり、頭が回らなくなってしまうのです。5HT2はセロトニンのことで、セロトニン受容体の5HT2という受容体をシャットアウトすると神経興奮を抑えることが可能です。気分を抑えることが可能となっていますが、表現の仕方を変えてみるとリラックスしてしまうので眠気も感じることとなるのです。このようなものがこの薬を使って眠気を感じてしまう理由です。
ではここからは眠気の対策をどうしていくかご紹介していきます。まず1つめにご紹介していく対策は、どうなていくのか観察をしてみるというものになります。なぜ観察をしていくのかというと、この種類の薬は継続していく間に体が慣れてくるのです。多くの場合、時間が経つことで副作用は減っていくことが確認されています。大体二週間程度使っていくと、副作用が減ってきたと実感が可能なため覚えておきましょう。二つ目は増益スピードをゆるやかにしてみるというものになります。この薬ははじめは少ない量から飲み始めて一週間ごとに徐々に量を増やしていきます。この理由としては急に体の中の成分量が変化すると、副作用が酷くなることが多くなっているからです。同じ理由で眠気を感じてしまうのです。そのためペースを抑えるだけで眠気はあまり感じなくなります。